×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東京湾大華火祭の非公式案内サイト[東京湾大華火祭 攻略大作戦!]keywords:東京湾大華火祭,攻略大作戦,大華火,東京湾大華火,東京湾,花火,華火


東京湾大華火祭 みんなの大観覧記

2008年 水上バス船上から

このサイトの情報がとても参考になりました!
(読むだけでも楽しいですし)
私と夫は、根性がないので攻略法を読んでひたすら感心しつつ恐れをなし、船上から見るコースにしました。
娘たちは地上でがんばりました。
そんなわけで、

<船上コースの報告>
です。

2週間ほど前になって「やっぱり楽をしよう」と、水上バスを予約しました。
http://www.suijobus.co.jp/
幸い、まだあいていました。
クレジット引き落としで、チケットが郵送されてきました。
1人1万9000円なので、屋形船よりぐっと安いですし、全体的に大正解だったと思います。
(結論を急ぐな!)

交通規制がどうかな? と気がかりでしたが、タクシーで日の出埠頭のほぼ目の前まで行かれました。
おお、楽ちん楽ちん。
17:00から受付開始でしたが、乗船の18:00近くに着いても大丈夫だったのでは? と思うほど、埠頭はゆったりしていました。

海と、皆さんの浴衣姿をながめつつ、早くもビールが登場。
(夫が一緒に買ってきた枝豆は、その後の大量お弁当を考えると失策でしたが、美味でした)

乗船する際はかなり揺れたので、酔い止めを飲んでくるべきだったか……と一瞬後悔 しましたが、大丈夫でした。「定員204名」と書いてありましたが、気分が悪くなっ た方は見かけませんでした。

水上バスは全部で4艘。
私たちの乗った赤い「竜馬」号では、若いカップルが半数ほど、あとは家族グループその他のようでした。小さい子どもさんが10人ぐらいいたかな。

17:00までの1時間弱、1階席でお弁当(浅草・今半)を食べます。かなり量が多いので、食べきれなかった方が大半だと思います。味はよかったです。
6人がけのテーブル指定席で、船内はクラシック調。雰囲気はまずまず。

飲み物は「フリー」となっており、あらかじめビールが配られていましたが、 ウーロン茶・ジュース・日本酒(プラスティックのコップ……)などに交換できます。 私は日本酒に代えてもらいました。菊正宗でした。
ただしそんなに飲んでいる時間はないので、「飲み放題」を期待すべきではありません。
花火観覧のため席を立った時点でお弁当・飲み物は回収されます。

花火開始までは隅田川をさかのぼって佃大橋あたりまで行き、勝鬨橋をくぐって戻ってきます。 その間、時おり笑えるアナウンスが流れたり、少しじゃまな音楽が流れたりもします。

18:45から2階席と、3階デッキが開放されます。
2階席は天井があいているので、皆さん椅子の上に立ちあがって花火観覧のようです。
3階デッキは狭いですが、眺めは最高。
なお、飲酒喫煙可の中2階デッキ(窓から花火がそれなりに見える)もあり。

おおっ、始まった。
お弁当をゆっくり食べていたため場所とりに出遅れて、観覧は3階デッキへの階段の いちばん上のステップ。片手で柵につかまって体勢保持しながらですが、十分よく見えます。
最初は進行方向右側に。打ち上げ場所まで1キロぐらいでしょうか。 そしてかなり近づいていき、大迫力です。ときどき紙のカスが空から降ってきます。
方向転換して左側に花火、再び右側、フィナーレもよい場所で見えました。

うーん満足!!

ビールを飲んで余韻を楽しみつつ、埠頭へ戻ります。
……と思ったら順番待ちで、そのあたりをぐるり。
20:00ごろに到着。
駅へ向かう人ごみで多少の混雑はありましたが、少し歩いたらタクシーがつかまりました。

そんなわけで、楽をしたい方にはおすすめのコースだと思います。
浴衣にまったく汗をかきませんでした。

………………

以上、観覧記でした。
たまたまこのサイトにめぐりあったので、急に意欲が高まり、初めて「花火デート」ができました。
夫も「いい企画だった」と繰り返し称賛してくれました。←めったにほめない
感謝します。