×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東京湾大華火祭の非公式案内サイト[東京湾大華火祭 攻略大作戦!]keywords:東京湾大華火祭,攻略大作戦,大華火,東京湾大華火,東京湾,花火,華火


東京湾大華火祭 みんなの大観覧記

2008年 潮風公園 その2

潮風公園にて、東京湾大華火祭を楽しんできました。


メンバーはめんどくさがり屋の行き当たりばったりが4人
そのうち2人は目的の半分くらいが浴衣を着ること

・気合いを入れない
・人込みは面倒くさい
・行列嫌い
・花火はちゃんと見たい
・飲み食いしたい(現地調達が望ましい、というか誰も何も持ってこない)
・荷物は少なく(浴衣組は荷物を巾着に収めること、浴衣の雰囲気を壊さないのが 第一条件、私服組は付いてきただけという体で財布くらいしか持ってなかった)

をモットーに、潮風公園にて花火を楽しむことにしました。


待ち合わせは16:30にゆりかもめ台場駅
しかし、台場駅にとどまるのは難しいと考え、アクアシティ内のソニプラで待ち合わせ。
私はたまたま都内ホテルに泊まっていたので、16時前に竹芝からゆりかもめに乗車、 乗れるかどうか不安になるほどの車内にどうにか突っ込みました

台場には16時過ぎくらいに着、いつも台場で待ち合わせをするときは改札外で待っているのですが、 さすがに今日は流れていて留まるのは不可能、アクアシティ内で待ち合わせにしておいてよかったです。


しかしそのアクアシティ内も大混雑、16時からすでにトイレにも行列が、 今のうちにと思い5〜6分ほど並んでトイレを済ませました。


ソニプラの入り口でみんなを待っていましたが、人、人、人の大混雑、 もう少し場所を考えたほうが良かったかもしれません……
携帯(全員FOMA)はメールができるものの、通話はとぎれとぎれでした。

あと、一人のおバカさんがソニプラとソニーを間違えて、違うところに行っていました。

結局、全員が集まったのは16:50頃

そこから、近くのコンビニでつまみやお酒を買おうと、デックスのサンクスに向かい ました……ら……

コンビニ入口にすごい行列、怖くて近づけませんでしたがなんだったんだろうあれ、 コンビニに入場制限でもかかっていたのかもしれません。初めての光景

いやいやあんなの並べないよ、じゃぁ東京テレポート側のバーミヤンと並んでるサンクスいく?変わんないんじゃない?
などと騒ぎつつ、並ぶよりは動こうとデックスのほうから東京テレポートのほうへと信号を渡るその途中…

ampmが路上販売

この辺ampmなんてあったっけ?と思いきや、その後ろのビルの中にありました。
ampmとカフェが数台あるレジの前には2組ほど並んでいるくらいで、商品もゆっくり選ぶことができました。まさにエアスポット

しかしアルコールは売っていなかったため、友人の一人は東京テレポート側のサンクスに戦いを挑みに行きました
その間の道が大変混んでいて、ほんの数百メートルの距離、4回も信号に捕まったと嘆く友人


しかし、潮風公園で缶ビールと生ビールまで!売っていましたよー(大事!)


なんだかんだで潮風公園につけば17時過ぎ、しかしサイトでのリサーチ通り、まだ人はまばら
どこに花火が上がるのかわからなかったので、海沿いの遊歩道の階段を椅子代りに、 オブジェの手前に陣取りました
(巾着組がそれぞれ二人用のレジャーシートを1枚ずつ持っていたので、それを横に 並べ4人で座りました。足もとの雑草が生い茂っていたので、ミステリーサークルを作るように横に踏み倒して均しました。
虫がレジャーシートにうじゃうじゃ寄ってきたので、レジャーシートには虫よけスプレーを大量に噴霧)


売店は思ったより充実していました(ペットボトルのソフトドリンク、缶ビール、生 ビール、焼きトウモロコシ、焼きソバ、唐揚げ、揚げモチ、枝豆、かき氷)
そこにはさすがに行列が、かき氷は18時くらいに売り切れてしまいました。
焼きソバも追いつかない様子
10分待ってと言われたので、お金だけ渡して後で取りに行くことに。
たぶん、交渉したのは私だけだったので快諾してくれましたが、 人数が多くなったら断られるかもしれませんね。


トイレは待たずに入れました。
場所取りをして、屋台並んで、飲み食いしていればあっという間に花火の時間、素晴らしい時間配分に自画自賛


花火ですが、海上すれすれに上がるものもとてもきれいにしっかりと見ることができ 大満足でした。
前にあるオブジェが多少気になりましたが、ギリギリで邪魔にはなりませんでした。
ただ、二つある発射台のうちの片方は、完璧にオブジェと反対側にある木に隠れてしまっていたので、 オブジェの前、海側に陣取ると一番良い眺めになると思いました。
花火の不満はそれくらい


ちなみに、海側ギリギリに陣取った人たちは、途中海が荒れ飛沫があがり、内側に避難してきました
オブジェの後ろで、海側に陣取ると、いくつかの花火はオブジェに隠れてしまったのではないでしょうか。
芝生で楽しそうに遊びながら陣取っていた大学生らしきグループは、 低い花火が木に隠れ全く見えないようでした。


フィナーレ近くなり小雨が気になり始め、撤退する人がちらほら出てきました。 しかし、全部見たかったのでレジャーシートやうちわを傘代わりに最後まで楽しみました。


帰りは人ごみを見送ってからアクアシティ方面へ
しかし、雨脚が強くなってきます。

一時ホテル日航の駐車場(?)に避難するも動けず、雨脚が弱まったのを見計らい、 アクアシティに向かい、ちょこちょこと屋根のあるところを移動
(ちなみに周辺ホテルはすべて入場制限がかかり、入館証がなければ入れない様子)
左側通行になったアクアシティに避難し6階のフードコートで適当に腰かけて休憩&相談&テレビでオリンピック観戦


21時半頃に台場駅へ出発、入場制限はかかっていましたが、ピークは過ぎ、 10分も待たずに乗ることができました。気分はまるでディズニーランド
ホームのエレベーターを上がると、駅員さんが「新橋行の人は左から回り込んでください」と誘導
おかげで、前のほうは人が込み込み、後ろのほうまで人は流れずスカスカになっていました。
ので、新橋行の人は左に流されたら奥まで行けばもしかしたら座れるかもしれません。

また、私はうっかり新橋方面なのに豊洲行きに乗ってしまい、途中で乗り換えました。ばかん

新橋行は台場で一気に混むので、乗り換えた私は悠々と座ることができました。 時間のある人にはお勧め(?)です


その後友人からの情報では、新橋からの京浜東北線はスカスカ
豊洲からの有楽町線は入場制限、しかし有楽町でたくさん人が降りるので、その後は快適らしいです。


以上、蛇足がついた観覧記でした。


また、浴衣で荷物を少なくしたい人へ

持ち物

・浴衣に合わせて和柄の長財布、中には冷えピタ、ビニール袋、PASMO、鏡、 試供品の日焼け止め、現金、いろいろ収納でき、手に持ってても違和感なく重宝しました (なんとか巾着に入るサイズ)
・虫よけスプレー(芝生を草履で歩いたり、座るところが雑草だらけだったり、持っていってよかったです)
・レジャーシート(二人用を小さく畳んで巾着へ)
・抗菌ウェットティッシュ
・ガーゼハンカチ、タオルハンカチ、ハンドタオル(コンクリに腰かけていたため、 途中で腰が痛くなり、ハンドタオルを座布団代わりにしました)
・ティッシュ(使わなかった)
・化粧したままさっぱりシート(使わなかった)
・下駄よりも草履のほうが歩きやすい、また、鼻緒の部分にサンダル用ジェル状のクッション (薬局などで売っている)をつけていったら、ぺたぺたと足についてきて、滑らず快適でした


よく使うタオルハンカチは、袂に入れていました。軽いので目立たないし、巾着あけるのって結構面倒くさいし
携帯電話は懐へ、かわいいストラップの付いているものは帯にしまえば、 帯飾り代わりになりますね(帯飾り結構高いので名案!!)

髪の毛は、私はワックスを使って古典っぽくお団子アップにしてかんざしを挿していました。 崩れにくかったですが、かんざしが何度か抜けそうになりました
美容院でやってもらうか、自分でやる場合はしっかり整髪料つけたほうが良いかもしれませんね、 さすだけのかんざしよりは、ヘアピン飾りのほうが安全


持っていかなくて後悔したもの

・晴雨兼用折りたたみ傘(夕方からだったので日傘はなくてよかったけれど、雨が降りました、 コンビニやキヨスクで500円で買える、本当に小さな傘(ペンシル?)なら、巾着にも入るし用意しておくべきでした)
・携帯充電器(写メとりすぎて電池が無くなりました、あると便利です)(もしくはしっかり充電しとく)


あと、うちわはアクアシティ内で配っていたので、持っていく必要はありませんでした (そもそも、涼しかったので使いませんでした)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


以上、情報部分です

以下は蛇足、おまけの情報です。うまくまとめられませんでした。

お役に立つようでしたら使ってください。


うちの母親の観覧記


たまたま東京に来ていた母と従姉は、泊まっていたホテルの11階で、花火大会観覧の宴席が設けられているというので、 それに参加(予約制)(軽い食事つき4000円、年配者にはちょうどいい量だったらしいです)

18時から食事を楽しみ、19時に宴会場を暗くしての観覧


ホテルは東京タワー近くなので、

ホテル―花火―レインボーブリッジ―私達

と、いう位置関係、運悪く、煙がホテルと花火の間にたまり、よく見えなかったそうです。

こればっかりは風の影響なのでどうしょうもありませんね、360度見る人がいれば、 どこかに煙はながれるんですもの

あと、すこし離れているので、音に迫力がなかったと軽くぼやいていましたが、食事も楽しめおおむね満足の様子でした
こちらは年配者向けですね



ちなみに
浜松町のビックエコーには、廊下に窓が付いているので、おそらく、そこから花火が 見えるのではないかと思っています
というか、そこのビルの居酒屋さんとか、実は穴場なのでは……