×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東京湾大華火祭の非公式案内サイト[東京湾大華火祭 攻略大作戦!]keywords:東京湾大華火祭,攻略大作戦,大華火,東京湾大華火,東京湾,花火,華火


東京湾大華火祭 みんなの大観覧記

2008年 晴海主会場Bサイト

<千葉からの東京湾大華火祭参戦日記>

以前より花火大会大好きの私は、関東地区を中心に毎年3〜5の花火大会を観覧しております。今年はさいたまのこうのす花火大会を 皮切りに、復活した佐倉市花火大会(これは2尺玉もあり近くから見れ、大迫力)、3つ目に念願の東京湾大華火祭を選択しました。

選択するにあたり、お世話になったのが、このHPでした。私はあまり投稿するたちではありませんが、こんなにすばらしい花火大会 を観覧できたのはまちがいなくこのHPのお陰と思い、投稿させていただきました。千葉等遠方からかぶりつきのBサイトを狙っている 方々の参考になればと思います。

<前日までの準備>

せっかく花火を見るなら大迫力の場所での観覧をと思い、主会場Bサイトでの観覧を計画しました。そこで、職場の中央区に住んでいる 人が参加しないというので、ハガキをゲット!まずは第一関門突破です。感謝、感謝なのだ。最悪オークションとおもっていたのだが、 値段は4,5千円となっている・・・高い・・。

第二関門は、情報収集です。これが、いい花火をみるための最大のポイントです。何時に到着するのがいいのか、場所はどこが一番 いいのか、食糧と水分の確保は等々です。いろいろなサイトを見ましたが、このHPを活用するのはいうまでもありません。

前日中にプリンターで印刷(実は当日忘れたのだ)。行きと帰りの方法をチェック。車も考えましたが、長時間休日無料駐車できるスペース が近年都内から姿を消しているのがわかったため断念。(数年前までは、丸の内、アキバの一部は休日駐車okだったのにー!)
乗り換え案内で行きと帰りの電車時間を確認(休日なので注意)

千葉から夕食やお菓子、水分をもっていくことはたいへんですが、どうも近辺のコンビニが時間帯によって混んでるという情報があったため 地元で仕入れることに。翌日、13時過ぎから行動開始することにして、準備完了!
明日は妻と二人でいよいよ東京湾大華火祭です。

以下は花火大会当日の一日です。

<13:00過ぎ>
持ち物チェック!ハガキ、水筒、読み物(待ち時間が長いからね。)、双眼鏡(何かにつけ便利)、カメラ、しきもの、タオル(夏は必須)、うちわ (これは絶対必要!!)、日傘(これも重宝しました。)
地元でおにぎり、パン、お菓子と2リットルのお茶を購入。そして、氷がぎっしり入った水筒(これが夏のポイント!いつも冷え冷え〜)に 入れて、残った分は予備でリュックの中に。

<14:00>
千葉を出発。京成線で目指すは大門経由、勝どき駅に15時15分着で会場の待ち行列に15:30分に到着する計画なのだー。
15時30分という時間はぎりぎりいい席が確保できるであろうと情報収集した結果なのだ。

<15:07>
大門着。ゆかたを着た人がちらほら。クーラーバックをもったカップルも数組。千葉からもやっぱりいるのだ。
大江戸線にむかうと人がどっと増えてきてこの時間では予想以上。電車にのると、まだぎりぎり座れる状態。
でも完全に花火列車となっている。勝どき駅につくと改札で待ち合わせをしている人が多く、すでにごった返していた。
まだ、15時30分前まのに、少々危機感を覚える。

<15:30>
すでに勝どき駅構内は混んでおり、駅員のハンドマイクに従って、外に出た。出ると、そこは、もう初詣状態。晴海主会場 までぞろぞろみんなあるているが、中々進まない・・・。よく見ると進行方向の左側歩道がすいているのでそっちへ。
左側は比較的すいててお薦め。しばらくすると右に曲がるのでみんな右側歩道に集中。結果渋滞していた。

<15:35>
行く途中で、いくつもコンビニを見かけたが、当然、デパートの初売り状態!中には、コンビニ入場の最後尾はここですと ハンドマイクで誘導しているところも・・・くわばらくわばら・・・みなさん!事前に用意しときましょうね!!

<15:40>
第二会場と主会場との分岐点に到着。大半の人は整理券がない第二会場へ向かった。我々は、右へ。なんとスカスカなのだ。
そうかっ!整理券組はこの時間でも大丈夫か?この時間来ている人の90%は整理券が必要ない第二会場狙いだったのだ。

<15:45>
しばらくいくと、係員が整理券をチェックするポイントがあった。そのポイントを通過し、最後尾へ・・・。さてどの位置 かとおもったら、ちょうどほっとプラザ晴海の横、第二会場の先端部付近が最後尾で並んでいた。この時間だとこのポイント。予定通りか?

<16:00>
前から順番に座りますとのことでみんな座り始める。直射日光がきつい。日傘をもってきて良かった。

<16:15>
開場時刻が早まりますとアナウンス。前から立ち始める。すぐ入場化と思ったら、16時30分とのこと。えー。すぐすればいいのに。
横をみるとプラザ晴海の前はもう満杯状態。いったいいつから並んだんだろうと思うくらい満杯でした。

<16:35>
ゲート通過。最初はみんなゆっくり歩きだったが、しだいに小走りへ。いかんっ!Bサイトへ急がねばっ!!。途中のCサイトにいったん 入りショートカットしてBサイトへ突入!途中のCサイトを取っている人もいたが、わかってんの?と思いながら、Bサイトへ急ぐ。

<16:40>
Bサイトに入ると、パッと見80%はうまっているー!!。
右側は樹と土。芝生目指してダッシュ!場所は主会場Bサイトほぼ中央よりやや後方。芝生の上をゲット。
あの時間にしては、まずまずの場所かな。会場は、あっというまにブルーシート上が埋まっていきましたよ。
満足できる席を手に入れるのはやはり駅到着15:30分がぎりだったかなと思います。ご参考に!

<16:50>
このころになるとほぼブルーシートは埋まり、あとから来た人たちが会場の空いたスペースをさがしまわっていました。
この時間ではトイレはガラガラ。トイレはこの時間に済ませておきましょう!。18時40分ごろには長い列が・・・。

<17:00>
地元で買ってきたもので夕食。やっぱり芝生の上が絶対正解です。周りの土(グラウンド)のあたりはスペースをさがしている人が ひっきりなしにくるので土煙がすごい。今日は芝生が風上だったので、優雅に食事が楽しめたのだ!!

<19:00>
いよいよカウントダウン。一斉にあがる感動の火柱!!
連発、連発の大花火大会!やっぱり感動はあの火柱ですよね。
これだけでも、千葉からきたかいはありますよ。
Bサイトで見る花火はやっぱり迫力があり、最高でした。
千葉からでてきた疲れも吹っ飛びます。
東京湾大華火最高!

<20:20>
最高のフィナーレを迎え花火終了。
ゆっくりでるか、列に並ぶか迷ったが、片付けをして並ぶことを選択。千葉は遠いからね。ゲート付近が特に混雑し、満員電車。
最前列に来ているからしかたがないと考え、しばらくすしずめ体験。

<20:50>
ゲートを抜け水上バスの列へ。これは事前にチェックし、こっちが一番渋滞がないと読み水上バスで大門駅へ。こちらは混雑しているものの、警備員がきちんと誘導してくれたので混雑はあまりありませんでした。

<21:05>
水上バス乗船。正解でした。途中並んでいる時、雨がパラツキ、雨兼用日傘が大活躍。

<21:10>
水上バスで一時の夜景を楽しみ、大門駅まで歩き帰りました。

<21:30> 大門駅到着。こちらは、それほどこんでない!座れるほどじゃないけれど。
電車にのるまでの渋滞は皆無。

<22:40>
地元到着。ファミレスで休憩して帰宅。
あー明日仕事だー!!なんで、日曜なのかと思いつつ、あの火柱に感動した場面をうかべ就寝。

<後記>
多少の待ち時間が他の花火大会よりありますが、この花火大会をみるならやはり主会場Bサイト芝生の上がおすすめです。
来年もまたクルゾー!!